アリババや鴻海が出資する小鵬汽車、今年約2900億円集める計画

From

中国のアリババ・グループ・ホールディングや台湾の鴻海精密工業などが出資する中国のスタートアップ自動車企業、小鵬汽車は今年、170億元(約2900億円)を集める計画だ。世界最大の電気自動車(EV)市場となった中国でライバルに挑む。

  創業者の何小鵬氏は中国の海南島で開催されている「博鰲(ボアオ)アジアフォーラム」の会場でインタビューに答え、小鵬汽車は月内に同社初のモデルとなるクロスオーバー「G3」の事前販売を始める予定だと述べた。資金調達計画の詳細は明らかにしなかった。

  中国政府は環境対策に加え、石油輸入への依存を減らそうと、新エネルギー車の市場投入を促しており、新興の自動車メーカー各社が中国のテスラになろうと競い合っている。

原題:Alibaba-Backed Carmaker Seeks $2.7 Billion to Challenge Tesla (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE