トランプ式「アメリカ・ファースト」はドル・ラスト政策

トランプ大統領

Photographer: Al Drago/Bloomberg
Photographer: Al Drago/Bloomberg

トランプ米大統領の「米国第一主義」に基づく政策はドルが必然的に弱くなることを意味すると、ドイツ銀行は指摘した。

  貿易不均衡を是正しながら大規模な財政刺激プログラムの資金を調達するという、米政権の「矛盾する」目標は、1970年代のブレトンウッズ体制崩壊以降で最大の課題を国際金融システムに突きつけると、ドイツ銀の通貨調査共同責任者ジョージ・サラベロス氏は分析。こうした相反する目標を解決する唯一の方法はドル安だと、リポートで説明した。

  双子の赤字を抱える米国は十分な資本を国外から引き寄せることに苦戦すると考えられ、海外からの投資意欲の欠如は一段の通貨安につながる可能性が高いと、サラベロス氏は記した。

  サラベロス氏は「トランプ政権が依存し続ける現代版ブレトンウッズ体制は、安価な国外資金調達を通じて米国の消費者に不相応な生活水準を享受させてきた」と指摘。「しかし同時に、トランプ氏は米労働者を守るためにこの体制を終わらせることに余念がないようだ。この『矛盾する2つのことを同時に実現するという』アプローチに折り合いをつけるには、ドルが弱くなるしかない」と述べた。

  ブルームバーグ・ドル・スポット指数は年初から既に3%低下。2017年は9%近く下げていた。

原題:Trump’s ‘America First’ Puts the Dollar Last, Deutsche Bank Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE