ザッカーバーグ氏:公聴会前に議員らと会合へ、独立調査委設立を発表

米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は9日、米議会で2日間にわたって行われる公聴会を前に議員らと会合を持つ。

  ロシアによる2016年の米大統領選挙への干渉で利用されたことが発覚した同社は昨年、対応策を示したが、議員らは納得していない。また業務慣行の見直しを表明しているにもかかわらず、偽ニュースや偽アカウント、トロールファーム(インターネット上で偽情報の拡散や扇動を行う組織)問題の対応で同社は厳しい立場にいる。

  ザッカーバーグCEOは自社サイトへの投稿で、選挙や民主主義にソーシャルメディアが及ぼす影響を調査する「独立選挙調査委員会」の立ち上げを発表した。

  ザッカーバーグ氏との会合に出席する議員の1人、ビル・ネルソン上院議員(民主、フロリダ州)の事務所は声明を発表し、米東部時間正午から会合が始まることを明らかにしている。ネルソン議員は証言先の一つである上院商業科学運輸委員会で民主党トップを務めている。

原題:Facebook’s Zuckerberg to Meet Lawmakers Ahead of Tough Questions(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE