ウーバーが自転車シェア業界に参入、ジャンプ・バイクス買収

  • ウーバーはジャンプ・バイクスに1億ドル超を支払う-関係者
  • ジャンプはサンフランシスコで電動自転車レンタル事業を展開

ウーバー・テクノロジーズは、自転車シェア事業を手掛けるジャンプ・バイクスを買収することで同社と合意した。新たな成長分野を模索するダラ・コスロシャヒ最高経営責任者(CEO)は、就任後初の買収で自転車レンタル業界に参入する。

ウーバーのダラ・コスロシャヒCEO

Photographer: Simon Dawson/Bloomberg

  事情に詳しい関係者が明らかにしたところによると、ウーバーはジャンプ・バイクスに現金と株式合わせて1億ドル(約107億円)超を支払うことで合意した。支払額は公になっていないとして、この関係者は匿名を条件に語った。ウーバーによるジャンプ・バイクス買収交渉については、テクノロジー業界のニュースサイト、テッククランチが最初に報じた。ウーバーとジャンプ・バイクスは買収について9日に共同で発表。ただウーバーは条件の開示は控えた。

  ジャンプ・バイクス買収により、ウーバーは電動自転車のレンタル会社を傘下に収めることになる。自転車や電動スクーター、電動自転車などのレンタルで、駐輪ドックの必要ないサービスはサンフランシスコなど米国内の都市で普及が進みつつある。また自転車シェア業界は中国でも拡大している。  

原題:Uber Agrees to Buy Electric Bicycle Rental Company Jump Bikes(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE