コンテンツにスキップする

ロシア市場が急落、米制裁響く-主要株価指数は約4年ぶり大幅安

米政府が新たに打ち出した制裁措置を受け、ロシア株式市場が急落した。ロシア政府は制裁対象に指定された有力企業家の支援策とりまとめに追われている。

  9日のロシア市場は主要株価指数がほぼ4年ぶりの大幅安となる勢い。ロシア・ルーブルは世界の主要通貨のうち下げ幅が最も大きい。米政府はプーチン大統領と親しいオレグ・デリパスカ氏ら複数の富豪を制裁対象に加え、デリパスカ氏傘下のアルミニウム生産大手UCルサールは上場先の香港市場で50%安。同社はアルミの顧客に支払いの保留を要請し、制裁がもたらす影響を調査していることが6日付の書簡で明らかになった。同社の持ち株会社En+は英金融当局が売買停止を決定し、モスクワ市場で17%安に沈んだ。

リスクからの逃避

原題:Russian Markets Slide as U.S. Ups Ante With Worst Sanctions Yet(抜粋)
Rusal Asks Aluminum Clients to Stop Payment After Sanctions (1)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE