シリア空軍基地へのミサイル攻撃はイスラエル軍-ロシア国防省

更新日時
  • シリアはダマスカス近郊で化学兵器使用か、トランプ氏「代償」警告
  • 国連安保理は9日に緊急会合を予定している

9日朝にシリアのT4空軍基地をミサイル攻撃したのはイスラエル軍機だったとロシア国防省が発表した。トランプ米大統領は前日、ダマスカス近郊で化学兵器が使われた可能性を伝える報道を受け、アサド政権は「大きな代償を支払う」ことになると警告していたが、米国の攻撃ではなかったもようだ。

  米国防総省は空爆実施を否定し、報道官は引き続き「状況を注意深く見守る」と述べていた。国連安全保障理事会は9日、シリア情勢について緊急会合を予定している。

原題:Syria Base Is Hit After Suspected Chemical Weapons Attack(抜粋)
French Army Didn’t Strike Syria Base, French Military Says
Russia Says Israel Carried Out Missile Attack on Syrian Base

(ロシア国防省の発表を加え、1段落目を書き換えました.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE