バークレイズ、マクファーレン会長の後任探しを開始-スカイニューズ

  • 同会長は来年の年次株主総会をもって退任する見通し
  • スタンダード・ライフ・アバディーンのグリムストーン会長も有力

英銀バークレイズは、ジョン・マクファーレン会長の交代に向けた後任探し作業に着手しており、同会長は来年の年次株主総会をもって退任する見通しだと、スカイニューズが伝えた。

  バークレイズに近い複数の匿名の関係者からの情報を引用し、スカイが7日報じたところでは、シニアインディペンデントディレクターのクロフォード・ギリース氏が、人材あっせん業者に近く後任探しを委託する。

  スカイによれば、会長の継承プランは、マクファーレン会長の2019年退任を想定しているものの、スケジュールは流動的であり、会長職により長くとどまる可能性もある。スタンダード・ライフ・アバディーンの会長で、退任の意思を表明しているジェリー・グリムストーン氏も、有力候補の1人という。

  訴訟や不良債権売却に伴うコスト負担で長年利益が圧迫されてきたバークレイズは、英国のリングフェンシング規制に対応し、投資銀行とリテール(小口金融)を今月から正式に分離したばかりで、同行にとって重要な時期に新たな会長探しに動き出す。同行はこの件でコメントを控えている。

原題:Barclays Is Said to Start Search for New Chairman, Sky News Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE