中国:3月の外貨準備増加、政府の資本流出抑制や人民元上昇で

中国の外貨準備高は3月に増加に転じた。政府が引き続き資本流出を抑制しているほか、人民元が四半期ベースで10年ぶりの高水準に上昇したことが背景。

  中国人民銀行(中央銀行)が8日発表した外貨準備高は前月比83億4000万ドル増の3兆1430億ドル(約335兆円)。ブルームバーグ調査のエコノミスト予想中央値(3兆1460億ドル)を若干下回った。2月は13カ月ぶりに外貨準備が減少した。

原題:China Foreign Reserves Rebound on Yuan Gains, Capital Curbs (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE