ソロス氏のファミリーオフィスが仮想通貨取引を計画

米著名投資家ジョージ・ソロス氏

Photographer: Marlene Awaad/Bloomberg

米著名投資家ジョージ・ソロス氏は今年1月に仮想通貨についてバブルだと述べたが、同氏の資産260億ドル(約2兆7800億円)を運用するファミリーオフィスはデジタル資産を取引する計画だ。

  ソロス・ファンド・マネジメントのマクロ投資の責任者、アダム・フィッシャー氏はまだ実際に取引していないが、過去数カ月間に仮想通貨を取引する内部の承認を得た。事情に詳しい関係者が明らかにした。スポークスマンはコメントを控えた。

  ソロス氏は1月25日にスイス・ダボスの世界経済フォーラム(WEF)で仮想通貨に関して、ボラティリティー(変動性)が高いため現実通貨として機能し得ないと述べたが、暴落は予想しなかった。

原題:Soros Prepares to Trade Cryptocurrencies as Prices Plunge (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE