トランプ大統領:NAFTA、近く合意する可能性-米国は「急がず」

  • 来週の米州首脳会議での合意発表の可能性低い
  • NAFTA協議が勢いを増しているとカナダ首相

トランプ米大統領は5日、北米自由貿易協定(NAFTA)改定で近く合意する可能性があると述べたが、13、14両日にペルーで開かれる米州首脳会議で合意が発表されるのではないかとの見方については、その可能性は低いと説明した。

  トランプ大統領はウェストバージニア州のイベントで、「われわれはメキシコ、カナダとともにNAFTAに全力で取り組んでいる。かなり間近に何かを得ると私は思う」と発言。しかし、3カ国が米州首脳会議で原則合意を発表するのではないかとの報道については、自分のスタッフに協議を急ぐのではなく、「慎重に行け」と指示しているとした。

  トランプ大統領は「急いでいない。われわれはこの問題をきちんと処理するつもりであり、それができないなら終了させる」と語った。

  カナダのトルドー首相はこの日これに先立って、NAFTA協議が勢いを増していると述べた。

原題:Trump Says Nafta Deal May Come ‘Fairly Soon’ But U.S. in No Rush(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE