アックマン氏のファンド不振、大口投資家が資金を引き揚げ-関係者

ビル・アックマン氏率いるパーシング・スクエア・キャピタル・マネジメントでは、プライベートファンドで償還可能な資金の約3分の2が昨年末に引き出されたと、事情に詳しい関係者が明らかにした。

  同関係者によれば、ブラックストーン・グループは資金の引き出しを続けており、JPモルガン・チェースは顧客向けの推奨ファンドリストからパーシング・スクエアを除外した。資金引き出しについては、先に米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が関係者の話として報じていた。

ビル・アックマン氏

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg *** Local Caption *** Bill Ackman

  パーシングの広報担当はコメントを控えた。ブラックストーンとJPモルガンからもコメントは得られていない。

  アックマン氏は3月に公表された投資家宛ての書簡で、ここ最近のリターンは「特に満足のいかない」ものだったとし、3年間続くパフォーマンスの不振を終わらせると表明していた。

原題:Large Investors Said to Have Pulled From Pershing Square Funds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE