投資銀の1-3月:欧州は苦戦、ドイツ銀「最も厳しい」-モルガンS

1-3月(第1四半期)の投資銀行収入は、米国勢が前年同期比8%増となる一方で欧州勢は同1%減と苦戦が続くだろう。モルガン・スタンレーのアナリストらが予想した。

  マグダレナ・ストクロサ氏らアナリストが3日のリポートで示した欧州勢についての予想はドル建てベース。欧州の投資銀行の中で「最も厳しい」のはドイツ銀行だとし、同行の2018年利益予想を25%引き下げた。ソシエテ・ジェネラルとUBSグループ、バークレイズが1-3月業績は「最良とみられる」という。

  米国勢の優位の理由は相対的に高い金利、電子取引についてのテクノロジー投資、より大きな資本活用能力だと分析している。

原題:U.S. Investment Banks to Top Europe, Morgan Stanley Analysts Say(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE