ブラックストーン、ソロス氏株主のイスパニアの買収検討-関係者

  • イスパニアはスペインの不動産投資会社、ポールソンも株主
  • ブラックストーンは全面的買収を検討、トリスタンは資産取得目指す

米投資会社ブラックストーン・グループは、ヘッジファンド会社のソロス・ファンド・マネジメントやポールソンなどが出資するスペインの不動産投資会社イスパニア・アクティボス・インモビリアリオスSOCIMIを全面的に買収することを検討中だ。イベリア半島の不動産への投資意欲回復が背景にある。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  ブラックストーンはイスパニアの全面的ないし部分的な買収を検討中の企業の1つで、トリスタン・キャピタル・パートナーズもイスパニアの資産買収を目指していると関係者らは匿名を条件に語った。

  イスパニア株は一時5.2%上昇。マドリード時間4日午後3時41分(日本時間同10時41分)時点は1.3%高で、時価総額は約20億ユーロ(約2600億円)。

  最終決定はまだ行われておらず、イスパニアも買い手候補企業も買収を進めない決断を下す可能性もある。イスパニアとブラックストーンの担当者はコメントを控えた。トリスタンに取材を試みたが現時点でコメントはない。

原題:Blackstone Is Said to Weigh Bid for Soros-Backed Hispania (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE