フェイスブック、最大で8700万人の個人情報流出

  • フェイスブックが被害の規模を公表したのは初めて
  • これまでの報道では5000万人と推定されていた
Attendees sit in front of signage displayed during the Facebook F8 Developers Conference in San Francisco, California, U.S., on Tuesday, April 12, 2016. Photographer: Michael Short
Photographer: Michael Short

フェイスブックは4日、アプリを通じて英データ分析会社ケンブリッジ・アナリティカ(CA)に個人情報が流出した問題で、被害に遭ったユーザー数が最大8700万人に上った可能性があると発表した。大半は米国内のユーザーという。

  フェイスブックが被害の規模を公表したのは初めてで、これまでの報道では約5000万人と推定されていた。約27万人のユーザーが問題のアプリをダウンロードして性格診断クイズを行った結果、これらのユーザーと「友達」の個人情報が同アプリを開発した研究者に把握され、この研究者がCAへと情報を流した。フェイスブックはこの情報流出は規約違反だと主張している。

  フェイスブックはマイク・シュローファー最高技術責任者(CTO)の声明の中で、流出規模を明らかにした。

  フェイスブックは今月9日から、各ユーザーの情報がCAに流出したかどうかをニュースフィードのトップで通知するとした。しかし同社はまだ、CAがユーザーの個人情報を引き続き保有しているかについては確認していない。

ブルームバーグのエミリー・チャンは、フェイスブックが明らかにしたケンブリッジ・アナリティカへの情報流出の規模についてリポート

(出所:Bloomberg)

原題:Facebook Says Data on 87 Million People May Have Been Shared (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE