米国株:債券に対するパフォーマンスが悪化、懸念の兆候-チャート

今年の米国株が昨年と違うことは明らかだ。2017年はかつてないほどの落ち着いた値動きと、2桁台のリターンが特徴だった。しかしそれだけではない。債券に対する株価の相対的なパフォーマンスがここにきて、2月の調整時に記録した低水準を下回った。これは投資家の積極さが後退しつつある兆候だと、ルートホルド・ウィーデン・キャピタル・マネジメントのジム・ポールセン氏は指摘。投資家がよりディフェンシブなポジションを取る社債や商品など他の資産クラスでもストレスが表面化していると述べた。

原題:U.S. Stocks’ Waning Performance to Bonds a Sign of Worry: Chart

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE