レナー上昇、住建株をけん引-四半期受注と売上高が高い伸び

4日の米市場で米レナーが買われ、住宅建設株の値上がりを主導した。2017年12月-18年2月(第1四半期)の売上高と受注の伸びが強く、春の住宅販売シーズンが好スタートを切ったことを示した。

  レナーの4日発表によると、12-2月の受注は前年同期比で30%増加した。ブルームバーグ・インテリジェンスのアナリスト、ドルー・レディング氏によれば、同社が最近買収したカルアトランティック・グループを除いたベースでは14%増となる。同期の売上高は26億ドル。レディング氏によると、前年同期比の増収率は調整前で34%、調整後では15%。

  レナー株は一時、8%超上昇した。S&Pスーパーコンポジット住宅建設株指数は米東部時間午後0時55分現在、4.6%高。

原題:Lennar Leads U.S. Homebuilder Rally as Orders and Revenue Surge(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE