ユーチューバーの容疑者、投稿動画ポリシーに「憤り」感じていた

米カリフォルニア州にあるユーチューブの本社で3日起きた銃撃事件。動画クリエーターの容疑者は、同社のポリシーが自分の動画視聴を制限しているとして憤りを感じていたと、警察が4日発表した。

  サンブルーノ警察は、サンディエゴ在住のナシム・アグダム(39)を容疑者として特定。銃撃を受けた被害者とのつながりはないと記者発表で述べた。

  アグダム容疑者はアルファベット傘下のユーチューブを批判するウェブサイトとユーチューブのチャンネルとの関連性を指摘されている。同ウェブサイトには「ユーチューブは私のチャンネルにフィルターをかけ、視聴者を制限している!」、「ユーチューブやその他ビデオ共有サイトでは成長の均等な機会が与えられない!」などと書かれている。

ユーチューブ本社屋外、捜査にあたる警官(4月3日)

Justin Sullivan / Getty Images

  このウェブサイトにはまた、再生回数が数十万回に達した動画に対しアグダム容疑者が得た報酬が微々たるものだったとの不満も掲載されていた。また、ビーガン(完全菜食主義者)としての活動をテーマとし、動物虐待を露骨に見せる動画や、英語とペルシア語、トルコ語のチャンネルがリストアップされていた。

  ユーチューブによるとこれらチャンネルは、スパムや詐欺的な行為、誤解を招く内容などを禁じる利用規約の違反を理由に3日夜に閉鎖された。3日夜の段階でブルームバーグが確認できたアグダム容疑者のフェイスブックとインスタグラムのページも、容疑者特定が報じられた後まもなく削除された。

  この事件では3人が負傷。このうち30代の男性はサンフランシスコの病院で重体となっている。女性2人は手当を受け、3日夜に退院した。

原題:YouTube Shooter ‘Upset’ About Video Policies, Police Say(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE