ドイツ銀行は米事業を縮小し、欧州企業向けに注力を-JPモルガン

ドイツ銀行は資本を解放しリターンを高めるために米事業を縮小し、欧州企業へのサービス提供に注力する必要があると、JPモルガン・チェースのアナリストらが指摘した。

  キアン・アボホセイン、 アミット・ランジャン両氏は4日のリポートで、米事業は「バランスシートの大きな部分を消費する」一方で、「長期にわたる低収益」に悩まされていると指摘。何もせず環境改善に期待をかけていれば、市場が異なる方向に行った場合に「信頼問題」というリスクにさらされるだろうと分析した。

  「戦略的な方向転換の時だ」とし、米事業は「収縮が必要だ」と断じた。

  ドイツ銀はトレーディング事業の新たな見直しの一環として米事業を精査していると、ブルームバーグ・ニュースが先週報じていた。

原題:Deutsche Bank Should Scale Back U.S. Business, JPMorgan Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE