Photographer: VCG/Visual China Group

爆弾、火炎放射器にアナログレコードも、関税対象の中国製品リスト

  • USTRは対中制裁品目リストで一般からの意見を約60日間募る
  • 「米経済を混乱させる原因」となりそうだと判断された製品は除外
Photographer: VCG/Visual China Group

巨額の対米貿易黒字を抱える中国からの輸出品には当然、一般消費者にはあまりなじみのない商品もある。

  トランプ政権が3日公表した知的財産権侵害を理由に通商法301条に基づき高関税を課す中国製品のリスト案には、火炎放射器やウシ胎児血清(FBS)なども盛り込まれた。1300前後の関税分類品目が含まれるこのリストについて、米通商代表部(USTR)は約60日間、一般からの意見を募る。

  カセットプレーヤーも対象となったが、そんなものを今買う人がいるだろうか。レコードプレーヤーは対象外だが、レコード盤がリスト入りしたのも奇妙なことだ。ビートルズの「ホワイトアルバム」をアナログレコードで聴きたいと願うベビーブーマー世代の消費者もいると考えればいいのかもしれない。
  

JPモルガン・アセット・マネジメントのリチャード・ティザリントン氏が解説する

(出所:Bloomberg)

爆弾、手りゅう弾、ロケットランチャー

  全米ライフル協会は会員に対し輸入品のライフルとライフルスコープが値上がりしそうだと告げる必要があるかもない。だが爆弾や手りゅう弾、ロケットランチャーを私的に使う人などほとんどいないとの願う向きもいるかもしれない。これら商品はいずれもリストに掲載された。

  エンジンや工作機械、タービン、農業コンバインなど一般的な製品が多いのは当然かもしれないが、原子炉部品もリスト入りした。

  USTRによれば、「中国の産業政策から恩恵を受けている」項目を複数の米政府機関のアナリストが特定した後で、リストがまとめられた。「米経済を混乱させる原因」となりそうだと判断された製品は除外されたという。虫歯治療で使う詰め物を生産する米企業が、そうした製品が除外されなかったことを歓迎しているのは間違いない。

原題:From Flamethrowers to Blood, U.S. Tariffs Have Head Scratchers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE