コンテンツにスキップする
Photographer: Giulia Marchi/Bloomberg

中国は当局管理下に置いた安邦保険に1兆円強を注入

  • 保険保障基金から資金注入-保険契約者の利益保護へ
  • 安邦保険は2月に当局の暫定管理下に入った
Signage for Anbang Insurance Group Co. is displayed atop the entrance to Anbang Financial Center at dusk in Beijing, China, on Saturday, Feb. 24, 2018. China's regulators will take control of embattled insurer Anbang for one year after a probe that began in June.
Photographer: Giulia Marchi/Bloomberg

中国は2月に当局の暫定管理下に置いた安邦保険集団に保険保障基金から608億元(約1兆300億円)を注入する。同社が4日にウェブサイトで発表した。

  中国保険監督管理委員会の発表資料によれば、資金注入後も安邦の登録資本金は619億元で変わらない。同委によると、安邦は戦略的投資家の選定を開始し、可能な限り早期に民間資本の受け入れを目指す。

  今回の資本注入は安邦の支払い能力と安定経営を確保し、保険契約者の利益を保護するのが目的だと同委は説明している。

原題:Anbang Gets $9.7 Billion Injection From China Insurance Fund(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE