中国の銀行に増資の動き、タイミングは絶妙か-融資拡大の余地も

  • 農業銀は先月、約1兆7000億円相当の私募増資を発表
  • 資本水準を底上げできれば融資を増やす助けに-DBSビッカーズ

A man walks past an Agricultural Bank of China Ltd. branch in Beijing, China.

Photographer: Adam Dean/

中国の銀行は資本増強で難しい問題に直面してきた。増資懸念が銀行株の上値を抑え、結局は資本増強が認められる水準まで株価が上昇しない悪循環にあった。だが、こうした状況もようやく変わりつつあるようだ。

  中国農業銀行は先月、バランスシート改善に向けて160億ドル(約1兆7000億円)相当の私募増資を発表。政府系の事業体が資金の出し手になったこともあり、農業銀の年初来株価は香港市場で23%上昇している。平安銀行や中信銀行など他行は今年、転換社債の発行計画を発表済み。

  中国の銀行が資本増強に踏み切る理由は明らかだ。貸し出しの拡大や会計基準の厳格化に加え、融資残高にこれまで含まれていなかった与信にもようやく相応のリスクウエートがかかりつつある。

  利益は増え、資産の質も改善しており、増資のタイミングとしては正しいかもしれない。業績の改善で少なくとも一部の銀行株は上昇し、中国当局が資本増強を認める水準近くまで値を戻してきたことも一因だ。

  DBSビッカーズ香港の金融アナリスト、ケン・シー氏は「資本水準を底上げできれば融資を増やす助けになるだろう」と指摘。「今年または今後1、2年は非常に良いタイミングだ。信用サイクルを見ると、有利な上向きトレンドが続いている。金利は上昇し、資産の質がなお改善し、企業の資金需要も戻ってきている」と述べた。

Capital Inadequacy

The pressure for Chinese banks to raise funds is growing

Source: Bloomberg data; company reports

Note: These are China's 15 biggest listed banks by market value. * denotes large commercial banks; ^ joint-stock banks; # city commercial bank

原題:Once Feared, China Capital Raising Fast Becoming Bank Elixir (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE