Photographer: Chris Ratcliffe

トレーダー、トランプ氏のツイートにうんざりか-アマゾン株立ち直る

  • 3日のアマゾンの株価は早い段階の下げからその後プラス圏に戻した
  • アマゾン株は他のFAANNG銘柄や市場全体もアウトパフォーム
Photographer: Chris Ratcliffe

米アマゾン・ドット・コムは、トランプ米大統領がソーシャルメディアで繰り出す非難をようやく振り切ることができたようだ。

  アマゾンが米郵政公社に「数十億ドル」もの費用を負担させているとトランプ大統領が3日午前にツイートしたにもかかわらず、3日のアマゾンの株価は早い段階の下げからその後プラス圏に戻した。前日夜には同社にさらなるダメージを与えるため、ツイッターで攻勢を強める方法を大統領が検討していると米誌バニティ・フェアが報道。さらに同誌の記者は3日のツイートで、米国家経済会議(NEC)のクドロー次期委員長も、アマゾンが「問題」であるという点で大統領に同意していると伝えた。

  アマゾンの株価は、他のFAANNG銘柄(フェイスブックとアップル、ネットフリックス、エヌビディア、グーグル親会社のアルファベット)および市場全体をアウトパフォームしており、トランプ氏のツイートによる執拗な集中攻撃にトレーダーがうんざりしている可能性もある。3日の米株市場で、アマゾンの株価は1.5%高の1392.05ドルで取引を終えた。

  パイパー・ジャフレーのアナリスト、マイケル・オルソン氏はリポートで、トランプ大統領の在職期間を通じて、アマゾンを巡るくだらないおしゃべりが続くだろうが、同社の成長軌道に「悪影響を及ぼす可能性がある変化」はほとんど起きないだろうとの見方を示した。

原題:Traders May Finally Be Getting Tired of Trump’s Rants on Amazon(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE