コンテンツにスキップする
Photographer: Eric Thayer/

トランプ氏、支持率上昇を喜んでばかりもいられない-株価には悪材料

  • トランプ氏支持率は3日に49%に上昇、株価は1月22日以来8%下落
  • 大統領支持率とS&P500種の相関係数は全期間マイナス
American flags are displayed outside the New York Stock Exchange (NYSE) in New York, U.S., on Friday, July 8, 2016. U.S. stocks rallied to erase losses sparked by Britain's vote to exit the European Union, as stronger payroll growth calmed concerns that slowing momentum in the job market would weigh on the economy.
Photographer: Eric Thayer/

トランプ米大統領はツイッターで直近の支持率への喜びを宣伝しているが、その関係について考え直したくなるかもしれない。

  ラスムッセン・リポートの日々の調査結果では、トランプ大統領の支持率は1月22日の42%から今月3日には49%に上昇した。その間にS&P500種株価指数は約8%下落した。実のところ、ラスムッセンがまとめた大統領支持率とS&P500種の相関係数は120日のローリングベースで全期間マイナスとなっている。

Approval Angst

The S&P 500 has a long-term negative correlation with President Trump's approval rating

Source: Rasmussen Reports Daily Presidential Tracking Poll; Bloomberg

Note: Correlation based on a rolling 120 trading day period

  トランプ大統領の最近のレトリックが同氏の支持基盤を刺激する一方で市場を脅かしていると結論付けることもできるかもしれないが、両者の関係が全くの偶然である可能性もある。明らかなことは、大統領が支持者と投資家の両方から同時に愛されることに苦戦しているということだ。

原題:Trump’s Approval Rating Is Rising, and That’s Bad for Stocks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE