クレディ・スイス:株式トレーディングでトップ5入りを目指す

クレディ・スイス・グループは株式トレーディングで5本の指に入ることを目指すと、同部門を率いるマイク・スチュアート氏が話した。

マイク・スチュアート氏

ソース:Credit Suisse AG

  昨年6月に株式トレーディング部門責任者に就任して以来初のインタビューで、同氏は「株式でトップ5プレーヤーになるのに十二分なリソースがある」と語った。「今は実行の時だ。全ての重要ポストに人を配置した」と述べた。

  クレディ・スイスは2015-17年の間に、トレーディング市場シェアのほぼ3分の1を失った。株式トレーディングの収入ランキングで昨年は7位だった。ブルームバーグのデータによれば、11年の順位は3位。

  スイスの同業UBSグループ出身のスチュアート氏はクレディ・スイスに加わって以来、機関投資家やヘッジファンド、保険会社にサービスを提供する部門でシニアバンカーを少なくとも18人採用した。

  スチュアート氏はヘッジファンド向けの事業を強化したいと考えている。「難しい市場環境の中で生き残り、成功している顧客に焦点を絞る必要がある。ヘッジファンドは当行の事業にとって最重要であり、大きな割合を占めている」と語った。

原題:Credit Suisse Equities Trading Chief Plots Return to Top 5 (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE