中国:米国が新たな関税なら「同じ規模と強度の対抗措置」-駐米大使

  • 崔天凱大使が国営の英語ニュースチャンネルCGTNで述べた
  • 知財権侵害があった事例については調査する用意-崔大使

中国が知的財産権を侵害しているとの主張に基づいて米国が新たな輸入関税を課せば、中国はそれに見合う「同じ規模と強度の対抗措置」を講じる。中国の崔天凱駐米大使が国営の英語ニュースチャンネルCGTNとの3日のインタビューで述べた。

  米国は500億ドル(約5兆3000億円)相当の中国製品に対して追加関税を課そうとしており、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表は6日までに、対象となる中国製品のリストを公表する。

  中国で事業をしている米企業はかねてから、中国側がさまざまなやり方で知的財産の移転を強制し、米国の企業秘密を広範に盗み出す活動に中国の事業体が関与していると主張している。知財権を巡る中国の慣行に対する調査後、USTRは対決姿勢を打ち出した。

  崔大使はインタビューで、中国は知財権の保護に関して大きく進歩しており、侵害があった事例については調査する用意があるとも語った。

原題:China to Respond to New U.S. Duties With ‘Same Scale, Intensity’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE