米グーグル、検索・AI部門のトップ交代-ジャナンドレア氏降板

アルファベット傘下グーグルの中核事業であるネット検索部門の責任者、ジョン・ジャナンドレア氏が同ポストから降板する。

  グーグルは2016年2月に検索部門と人工知能(AI)部門を統合し、コンピューターサイエンティストのジャナンドレア氏を責任者に指名した。同氏の降板に伴い、同社は再びこれら2部門を分割する。

  グーグルは検索部門の責任者に、同社のプラットフォーム上での誤った情報の阻止に向けたここ1年の改革の立役者であるベン・ゴメス氏を指名。また、研究施設グーグル・ブレーンの共同設立者ジェフ・ディーン氏がAI部門の責任者となる。

  今回の人事についてテクノロジーニュースサイトのジ・インフォメーションが先に報じていた。ジャナンドレア氏は別の職務でグーグルにとどまる。グーグルの広報担当者は今回の人事を確認したが、それ以上のコメントは控えた。

原題:Google Shakes Up Management at Top of Powerful Search, AI Units(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE