米大統領がミューズニッチ氏を財務副長官に指名-元バンカー起用

更新日時
  • モルガン・スタンレーの元バンカー、税制改革案の策定に貢献
  • 17年3月からムニューシン長官のカウンセラーを務める

トランプ米大統領はムニューシン財務長官の「カウンセラー(顧問)」を務めるジャスティン・ミューズニッチ氏を財務副長官に指名する。

  ミューズニッチ氏はモルガン・スタンレーの元バンカーで、2016年の米大統領選でジェブ・ブッシュ氏のアドバイザーを務めた。17年3月からムニューシン長官のカウンセラーを務め、トランプ政権の実績である税制改革案の策定に貢献した。

  ムニューシン長官は発表文でミューズニッチ氏について、「ジャスティンを財務副長官に指名する大統領の決定をうれしく感じる。ジャスティンは財務省内のリーダーの1人としての地位を築き、減税成立に重要な役割を果たした」と指摘した。

  ミューズニッチ氏はトランプ政権入り前には、国際的な投資会社ミューズニッチ社の社長を務めたほか、コロンビア大学経営大学院で教壇に立つなどした。ハーバード大学で学士号と経営学修士(MBA)、エール大学ロースクールで法律の学位をそれぞれ取得した。

  ミューズニッチ氏指名の決定は米紙ニューヨーク・タイムズが先に報じていた。

原題:Trump Taps Ex-Morgan Banker Muzinich for No. 2 Role at Treasury(抜粋)

(ムニューシン財務長官の発表文を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE