米環境保護局、車の燃費基準修正を提言-前政権下の規制巻き戻しへ

トランプ米政権は、乗用車とライトトラックの燃費基準目標は厳しすぎで、修正が必要だとの見方を表明した。米自動車業界が求めている汚染防止基準緩和に向けた手続きが始まることになる。

  米環境保護局(EPA)はさらに、連邦基準よりも厳しい独自の排ガス規制を設定する権限をカリフォルニア州から剥奪するかどうかを検討していることを明らかにした。

  プルイットEPA長官は2日付の発表で、オバマ前大統領の気候変動政策の主要部分である温室効果ガス排出量削減に向けた全国的な目標は、過激すぎるとの見方を示した。

  同長官は「オバマ政権EPAの判断は間違っていた」と主張し、「政治的意図を伴う迅速化で中期評価プロセスを短縮し、現実に適合しない基準について臆測を立て、高すぎる基準の設定に至った」と述べた。

原題:Trump EPA Moves to Cut Obama-Era Mileage Rules on Vehicles (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE