トランプ氏がプーチン氏に訪米招請、米ロ首脳会談を提案していた

更新日時
  • ホワイトハウス報道官:会談場所の候補、ホワイトハウスも含まれる
  • 外交官追放後、首脳会談の準備協議は行われず-クレムリン

ロシアのプーチン大統領

Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg

トランプ米大統領は3月20日にロシアのプーチン大統領に電話した際、訪米を招請しホワイトハウスでの首脳会談を提案したと、クレムリンが明らかにした。ホワイトハウスの報道官も、両首脳がホワイトハウスでの会談について協議したことを認めた。

  ロシアのウシャコフ大統領補佐官は2日、「非常に興味深く前向きなアイデアだ」と記者団に述べた。

  その後、米ロはそれぞれの外交官を国外退去処分にした経緯があり、首脳会談の準備協議は行われていないという。「首脳会談の可能性を話し合うという提案を米国が取り下げないことを望む」とウシャコフ氏は述べた。

  ホワイトハウスのサンダース報道官は両首脳が協議した会談場所の候補は、「ホワイトハウスを含む複数の選択肢が挙げられた」と述べた。

  プーチン大統領がワシントンを訪問するとなれば、対ロ政策をめぐる米国内の分断が深まる可能性が高い。2016年の米大統領選挙にロシアが介入した疑惑について、大統領と捜査当局との緊張は高まっている。米国は先週60人のロシア人外交官を国外退去処分にし、元スパイ暗殺未成事件への非難で英国と歩調を合わせ、国内でも超党派の支持を得ていた。

原題:Trump Discussed White House Invitation to Putin in Phone Call(抜粋)

(リードと最終2段落にホワイトハウス報道官の発言などを追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE