Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

買うなら今でしょ-米国の消費者にもう値下がりないとの見方広がる

  • ミシガン大の最新消費者景況感調査で分かった
  • 家電・電子製品など耐久消費財を買う条件「良好」-3月は約21%

米国では大きな買い物をするなら今だと考えている消費者の割合が、27年ぶりの高水準となっている。小売店の割引や値下げがそれほど長く続かないとみているためだ。

  ミシガン大学が行った最新の消費者景況感調査によれば、家電・エレクトロニクス製品などの耐久消費財を買う条件が現在「良好」だと3月に答えた人の割合は約21%と、1990年11月以来の高水準となった。回答者は価格がこれ以上下がらないとみている。

  

  ミシガン大調査の担当ディレクター、 リチャード・カーティン氏は発表資料で、「購入条件について尋ねると、低価格のアピール度はすでに大方失われている」と指摘し、「耐久消費財についてのセンチメントは、見込まれる値上げに先行して買う方が良いとの見方に取って代わられている」とコメントした。

  この調査の詳細によると、耐久消費財購入の条件が良い理由は低めの価格とした回答は28%と、前回リセッション(景気後退)半ば以来の低水準だった。

原題:Americans’ Urge to Splurge Starting to Make Inflation Hawks Edgy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE