三菱UFJリースが初の環境債100億円を発行へ

A worker wipe new signage for MUFG Bank Ltd. Photographer: Akio Kon/Bloomberg
Photographer: Akio Kon/Bloomberg

三菱UFJリースがグリーンボンド(環境債)を発行する。調達した資金は、既存の太陽光発電プロジェクトへの投資資金に充てる。リース会社が環境債を発行するのは今回が初めて。事情に詳しい関係者が2日、明らかにした。

  同社は今月上旬にもグリーンボンドとして5年債、100億円の発行条件を決定する予定。主幹事は三菱UFJモルガン・スタンレー証券が務める。定めた条件に適合した融資事業の借り換えに充当する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE