Photographer: Qilai Shen

中国が半導体メーカーに減税措置-米国との緊張高まる中、てこ入れ

  • 最長5年間、企業所得税を免除-その後10年目まで税率半減
  • 中国は年間21兆円相当の輸入半導体への依存引き下げ図っている

中国政府は半導体メーカーを対象とした減税措置を発表した。貿易を巡る米国との緊張が高まる中、基幹産業へのてこ入れを図る。

  新たな優遇税制措置は半導体業界の幅広い企業に適用される。財政省が3月30日発表した資料によれば、半導体企業は今年1月1日を起点に最長5年間、企業所得税を免除される。また、その後10年目まで税率が現行の25%の半分になる。

  中国は3月28日には、「中国製造2025(メイド・イン・チャイナ2025)」の下で支援を受けるハイエンドの製造業や革新的テクノロジー企業に対する減税策も発表した。中国製造2025は情報技術(IT)から航空宇宙まで、産業の競争力強化のために策定された計画。

  中国は半導体セクターの実力向上に長く取り組んできた。同国は年間約2000億ドル(約21兆2500億円)相当の半導体を輸入している。国家安全保障上の懸念のほか、テクノロジー業界の発展を阻害することへの恐れから、輸入への依存を引き下げようとしている。

原題:China Cuts Taxes for Chipmakers to Promote Industry Development(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE