中国:海外上場IT大手の国内回帰に向け試験プログラムを発表

  • 一部の海外上場企業に中国国内での中国預託証券発行認める
  • 試験プログラムの対象は時価総額3.4兆円を上回る海外上場企業

中国はアリババ・グループ・ホールディング百度(バイドゥ)など海外で上場しているIT大手に中国国内での中国預託証券(CDR)発行を認める試験プログラムを発表した。これら企業の国内上場に向け、大きな一歩を踏み出した。

  中国国務院は3月30日、IT大手の国内回帰を目指す構想が公表されてから1カ月たたずに、試験プログラムを公表。この突然の発表は、当局者のこの取り組みへの強い意欲を裏付けた。試験プログラムの対象になるのは、時価総額が2000億元(約3兆3900億円)を上回る海外上場企業。この新制度は中国本土で認められていない企業構造の利用を認めるほか、調達した資金を海外に移転できる。

原題:China Unveils Its Plan to Bring Nation’s Tech Giants Back Home(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE