Photographer: Bloomberg

バーレーン、1932年以来最大の油田発見-既存の埋蔵量はるかに上回る

  • バーレーンは現在2つの油田を保有、1つはサウジと権益共有
  • 新しい油田はバーレーンの西海岸の沖に位置

ペルシャ湾岸で最小の産油国であるバーレーンは、1932年に原油生産を開始して以来最大の油田を発見した。同国国営通信が伝えた。

  バーレーン通信(BNA)によると、西海岸沖で発見されたシェールオイルと天然ガスは「バーレーンの現在の埋蔵量をはるかに上回ると考えられる」という。米エネルギー情報局(EIA)のデータによると、同国は現在、バーレーン油田で日量約4万5000バレルを産出。また日量約30万バレルを産出する油田の権益をサウジアラビアと共有している。

  バーレーンはバーレーン油田の生産能力拡大を目指す中で沖合のハリージ・アル・バーレーン海盆を発見した。BNAによると、コンサルティング会社ドゴリエ&マクノートンが油田を評価した。バーレーンは4日に油田の「規模や採取の実行可能性」に関する詳細を公表する計画だという。

原題:Bahrain Says Its Biggest Oil Find Since 1932 Dwarfs Reserves(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE