コンテンツにスキップする

鴻海:10-12月の純利益、予想上回る-「X」の底堅い需要寄与

  • 純利益は10-12月に717億台湾ドル-市場予想580億台湾ドル
  • 「X」を巡る懸念が当初広がっていたが、販売は底堅く追い風に

電子機器受託生産で世界最大手、鴻海精密工業の昨年10-12月(第4四半期)の純利益は市場予想を上回った。米アップルの旗艦モデル「iPhone(アイフォーン)X」の底堅い需要が寄与した。

  鴻海が30日発表した2017年通期決算から推計した10-12月の純利益は717億台湾ドル(約2620億円)。アナリスト予想の580億台湾ドルを上回った。売上高は過去最高の1兆7300億台湾ドル。

  当初は「X」を巡る懸念が広がっていたが、鴻海は同製品の底堅い販売による恩恵を受けた。部品不足に伴う生産の一時的な停滞を乗り越えたことを示唆している。アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は決算に関する先月の電話会議で、調査会社カナリスを引用してXが昨年のホリデー商戦で最も売れたスマートフォンになったと話していた。

  鴻海は売上高の半分余りをアップルから稼いでいるが、スマホ市場が伸び悩む中、郭台銘(テリー・ゴウ)会長は単なる受託生産からの脱却を探っている。

  17年通期の純利益は1387億台湾ドルと、前年の1487億台湾ドルから減少。市場予想は1294億台湾ドルだった。営業利益は1126億台湾ドル、予想は1497億台湾ドルだった。

原題:Hon Hai’s Profit Beats Estimates Thanks to Demand for iPhone X、Hon Hai 2017 Net Income NT$138.7 Billion; Est. NT$129.4b(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE