コンテンツにスキップする

世界最大の新興国株ETFからの資金引き揚げ、3月は2年半ぶり規模

  • バンガードの新興市場ETF、3月の純流出額は6億5000万ドル
  • MSCI新興市場指数は3月にここまで2.3%下落

新興国株式を対象とする世界最大の上場投資信託(ETF)の投資家が弱気に転じつつある。

  投資家は680億ドル(約7兆2300億円)規模の「バンガードFTSEエマージング・マーケッツETF」からこの3日間に資金を引き揚げ、3月の純流出額は6億5000万ドルとなった。月間ベースでは2015年9月以来、2年半ぶりの規模だ。
           

Pulling Out

  この資金の流れはMSCI新興市場指数のパフォーマンスを反映している。同指数は3月にここまで2.3%下落。これにより年初からの上昇率は0.8%に縮まり、このまま行くと四半期ベースでは16年10ー12月以来の低い上昇率となる。

原題:Investors Pull Money From World’s Biggest ETF for EM Equities(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE