コンテンツにスキップする
Photographer: Kiyoshi Ota
cojp

株式投資家にハッピーな春の訪れ-最大4000億ドルの配当支払いも

  • 特に4月は世界の株式リターンに強い月となる傾向-モルガンS
  • 香港や新興市場の株式が4月に特に強いリターン
People standing on a bridge take photographs of cherry trees in bloom in Tokyo, Japan, on Friday, April 1, 2016. Japan will need economic measures in the second half of the current fiscal year after Prime Minister Shinzo Abe said the government will front-load budget spending, according to the vice president of the ruling Liberal Democratic Party of Japan.
Photographer: Kiyoshi Ota

1月に上昇するも2月の乱高下と最近のテクノロジー株急落で世界株にとって厄介な四半期となった1-3月。その終わりを祝うフレッシュな理由を紹介しよう。これからやってくる四半期は、最大4000億ドル(約42兆5000億円)の配当で気分が高揚するかもしれない。

  モルガン・スタンレーのアンドルー・シーツ氏ら同社ストラテジストは28日付の顧客向けリポートで、「春が株式にとって季節的に強い時期であるのは偶然だとは思わない」と主張。3月から5月にかけて投資家の口座に最大4000億ドルの配当が支払われると試算し、「特に4月は世界の株式リターンに強い月となる傾向がある」と付け加えた。

High Season

  分析によると、香港と新興市場の株式は、4月に特に強いリターンを示す。債券の世界でも高利回り債や新興市場債に同様の傾向が見られるが、株式ほどではないという。

  一方、米国債購入に春は最悪の時期だともモルガン・スタンレーのストラテジストらは指摘。4ー5月のリターンは平均を下回り、その後7-9月に向けて改善が見られるという。

原題:Happy Spring! Stocks About to Get a $400 Billion Dividend Boost(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE