コンテンツにスキップする

三菱地所が高級トマト事業、丸の内やマンション住民などに販売

更新日時

三菱地所は千葉県でミニトマトの生産・販売を開始、農業事業に参入する。丸の内エリアでレストランやイベントで販売や宣伝をしたり、分譲マンション居住者にも販売し、食を通じたエリアの活性化を図る。

  同社は農業ベンチャー企業のオーガニックソイル社と2月に合弁会社を設立、出資比率は三菱地所が9割。合弁会社は8月から収穫を開始し、19年度までに年間約80トンの生産・販売を目指すとしている。

  三菱地所の新事業創造部の本地史明主事は29日のインタビューで「高糖度ミニトマトは競争力があり、消費者の関心が高い」と述べた。本地氏はオーガニックソイル社が生産している高糖度ミニトマトは通常のミニトマトの2倍程度の値段と説明し、「初年度の売上高は1億2000万円程度を目標にしている」と述べた。

  同社は2020年3月期までの3年間の中期経営計画で、事業モデル革新に向けたグループ横断の投資枠として1000億円を設定している。今回の農業事業参画はその中の取り組みの一つ。

  農林水産省の資料によると、一般法人の農業参入は増加している。09年の農地法改正によりリース方式による参入が全面自由化されたことが背景にある。農業を行う一般法人数は09年の427から16年は2676に6倍になった。作物別では野菜が4割を占めている。

(第4段落を追加しました.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE