コンテンツにスキップする

南北首脳会談、4月27日開催-北朝鮮トップが韓国入りする歴史的瞬間

  • 朝鮮半島分断の1948年以降、首脳会談はこれまで2回しかない
  • 実りある米朝会談に向けた土台づくりができるかどうかが焦点

韓国と北朝鮮の首脳会談開催日が4月27日に決まった。金正恩朝鮮労働党委員長が陸路で南北軍事境界線を越えれば、韓国に足を踏み入れる初の北朝鮮最高指導者となる。

  金委員長と韓国の文在寅大統領との会談は、境界線の韓国側で行われる。1950年に始まった朝鮮戦争は53年に休戦協定に至ったが、正式にはまだ終わっていない。朝鮮半島が南北に分断された48年以降、首脳会談はこれまで2回しかない。

United Nations Command Marks 64th Anniversary of Korean War Armistice Agreement

軍事境界線上の板門店-韓国と米国の兵士が警備に当たっている

フォトグラファー:SeongJoon Cho / Bloomberg

  北朝鮮は昨年、断続的なミサイル発射を強行したが、その後も継続された外交努力が実り、11年ぶりに南北首脳会談が開かれる。金委員長には、開催日や場所は未定だがトランプ米大統領との首脳会談も控えている。金委員長による新年の演説で事態が動き始め、韓国の平昌で2月に開催された冬季五輪への北朝鮮の参加に続き、南北間で協議が行われていた。

CHINA-NKOREA-DIPLOMACY

北京を出発する列車から手を振る金委員長-北朝鮮国営の朝鮮中央通信が3月28日に提供

出典:ゲッティイメージズを通じてKCNA / AFP

  韓国大統領府の金宣謙報道官はテキストメッセージで、「南北首脳会談の日程が確定し、当日までに準備を万全に整えるよう全力で取り組む」とし、「首脳会談を朝鮮半島の和平に向けた画期的な転換点とするため、韓国の全国民が結束することを望む」とコメントした。

South And North Korea Leaders Summit

平壌で2007年10月に開催された前回の南北首脳会談

フォトグラファー:プール/ゲッティイメージズ

  南北会談の焦点は、実りある米朝会談に向けた土台づくりができるかどうかだ。金委員長は3月下旬、北京を電撃訪問し、中国の習近平国家主席と会談。中国によれば、金委員長は核計画について話し合うことに前向きな姿勢を表明した。

  トランプ大統領も金委員長と習主席の会談を歓迎したが、当面は「最大限の制裁と圧力を維持する必要がある」とも強調した。

原題:Two Koreas Set April 27 for Kim Jong Un’s Historic Walk South(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE