コンテンツにスキップする
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg
cojp

サウジアラビアの大富豪、またもや高級ホテルを占領

  • ニューヨークのプラザ・ホテルに皇太子ら多数のサウジ人が滞在
  • サウジの国旗、米国の星条旗と共に入り口の外を掲揚
The Plaza Hotel stands in New York, U.S., on Monday, Nov. 13, 2017. Billionaire Saudi Prince Alwaleed bin Talal has long been associated with New York's iconic Plaza Hotel, ever since he bought out Donald Trump over two decades ago.
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

サウジアラビアの大富豪たちが前回、高級ホテルを占領したのは、自ら進んでしたことではなかった。昨年11月、閣僚や王子、投資家ら約200人は汚職捜査の一環で、リヤドのリッツカールトンに数カ月にわたって身柄を拘束され、不当に得た利益を没収された。同ホテルはそれ以外の営業を停止した。

  今週、一般人の出入りを禁じて同様に多くのサウジ要人を宿泊させているのは、マンハッタンのミッドタウン地区にあるプラザ・ホテルだ。ただ今回は状況が極めて異なり、宿泊者らは3週間にわたり米国を訪問している大規模な派遣団の一部で、派遣団を率いているのはムハンマド皇太子。彼らは経済の石油依存度低下に向けたサウジの野心的な改革計画への支援と関係強化を目指し米国を訪れている。

  プラザ・ホテルはリッツ・カールトンで身柄を拘束された富豪の1人であるアルワリード王子が一部所有する。部外者に門戸を閉ざし、サウジの国旗を星条旗のそばに掲揚したプラザ・ホテルだが、屋内は通常通りの営業で、金属探知機の検査を通過してロビーに入れば、スムーズ・ジャズが流れ、夜遅くまで多くの人々が働いている。カフェの各テーブルにはブラウンデーツ入りの容器が配置されており、バーの壁に天井近くまで並べられたシャンパンのボトルは手つかずで、アルコールが禁止されているサウジの習慣を示している。

SoftBank CEO Masayoshi Son Signs Solar Project Agreement With Saudi Arabia Crown Prince Mohammed bin Salman

ソフトバンクの孫正義氏とムハンマド皇太子

撮影:Jeenah Moon / Bloomberg

  27日には同ホテルで、サウジとソフトバンクグループが同国における2000億ドル(約21兆円)規模の太陽光プロジェクトについて覚書を交わした。

原題:Rich Saudis Take Over Another Hotel But No Prisoners This Time(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE