コンテンツにスキップする
Photographer: Ron Wurzer/Bloomberg
cojp

ボーイング、身代金要求型ウイルスの攻撃受ける-シアトル・タイムズ

  • ボーイングはサイバー攻撃があったことを認める
  • ただ報道は誇張されており、航空機生産や納入には問題ないと説明
A Boeing 777 jet for Qatar Airways sits on the assembly line at the company's manufacturing facility in Everett, Washington, U.S., on Tuesday, Feb. 14, 2011. Demand for the Boeing Co.'s 737, the world's most widely flown plane, and the 777 twin-aisle jet, Boeing's most profitable airliner, has helped buffer the effect of higher costs from the delays of the 787 Dreamliner.
Photographer: Ron Wurzer/Bloomberg

米航空機メーカー、ボーイングが身代金要求型ウイルス「ワナクライ」の攻撃に遭い、787「ドリームライナー」と777の一部の製造機器が使用不可能になるのではないかとの懸念が同社内で一時広がったと、米紙シアトル・タイムズが報じた。

  ボーイングはサイバー攻撃があったことを認めたものの、「これに関して間接的に伝えられたコメントの幾つかは誇張されており、不正確だ」と指摘。航空機生産と納入は影響を受けていないと、電子メールで送付した発表資料で説明した。

  ボーイングの広報担当リンダ・ミルズ氏は、「当社のサイバーセキュリティー運用センターが、少数のシステムに影響を及ぼした限定的なマルウエア侵入を確認した」とした上で、「修正が適用されており、生産や納入には問題ない」と述べた。

  シアトル・タイムズによれば、このサイバー攻撃で影響を受けた可能性があるのはサウスカロライナ州ノースチャールストンの787製造ラインとワシントン州エベレットの777製造ライン。

原題:Boeing Hit by Computer Ransomware Attack, Seattle Times Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE