コンテンツにスキップする

米キャンター・フィッツジェラルドが日本で投資銀行業務参入へ

更新日時

米証券会社キャンター・フィッツジェラルドは、日本で投資銀行業務に参入する。同社が28日、正式発表した。

  米ニューヨークに本拠を置くキャンターは28日、金融当局への登録を完了。関係者への取材によれば、早ければ5月に業務を開始する計画だ。日本では国内の機関投資家向けに、欧米で組成した証券化商品を販売するという。

  キャンターは、2001年の米同時多発テロで従業員約960人中、658人を失った。世界30カ所余りにオフィスがある。ドイツ銀行でかつて共同最高経営責任者(coーCEO)を務めたアンシュ―・ジェイン氏が社長に就任している。

  日本法人であるキャンターフィッツジェラルド証券の社長には、日本のドイチェ・アセット・マネジメントで社長を務めた村田光央氏が、会長にはゴールドマン・サックスの元バンカーの阿部託志氏が就任した。

英語記事:Cantor Fitzgerald to Start Investment Banking Business in Japan (1)

(第3段落にキャンターの歴史的背景を追加しました.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE