コンテンツにスキップする
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg
cojp

公益株、S&P500種で最高のパフォーマンス-米中貿易戦争懸念の中

  • S&P500公益事業株指数は一時2月以来の高値を付けた
  • 貿易摩擦が拡大する現状の中で公益株は特に魅力的との見方
The New York Stock Exchange (NYSE) stands in New York, U.S.
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

27日の米株式市場で、S&P500種株価指数の業種別で公益事業が最高のパフォーマンスとなった。米中の貿易戦争への懸念から投資家が安全資産を求める動きが強まった。

Utility Sector Surges

  28銘柄から成るS&P500公益事業株指数は一時2.5%上昇し、日中ベースで2月1日以来の高値を付けた。

  公益株は「国際的な貿易摩擦が拡大する現状の中では、特に魅力的なディフェンシブ銘柄だ」とセクター&ソブリン・リサーチのアナリスト、エリック・セルモン、ヒュー・ウィンの両氏が調査リポートで指摘した。

原題:In U.S.-China Trade Spat, Utilities Emerge as Best Performers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE