コンテンツにスキップする

アマゾン:仏カジノと食品宅配で提携-フランス事業強化に足掛かり

  • カジノ株は合意受けて一時10%近く上昇、ここ10年で最大の上げ
  • アマゾン、利益率高いパリ周辺地域で「モノプリ」の食品宅配展開へ

アマゾン・ドット・コムはフランスの小売企業カジノ・ギシャール・ペラションと、食品宅配事業で提携した。欧州でもとりわけ競争が激しい市場に揺さぶりをかける。

  27日発表によると、提携によりカジノ傘下のスーパーマーケット「モノプリ」の食品が、アマゾンの「プライム・ナウ」サービスを通じてパリおよび周辺地域の顧客に販売される。アマゾンが欧州食品市場への参入強化を目指している一方、カジノは国内競合との間で価格競争の激化に直面している。

  27日のパリ市場でカジノ株は一時前日比9.7%高と、ここ10年ほどで最大の上げを記録した。

  フランスでは景気停滞を背景にスーパーマーケットの価格戦争が激化している。仏食品小売業者は宅配では出遅れているが、ネットで注文し店舗で商品を受け取るサービスが好調に推移している。

  アマゾンのフランス担当マネジャー、フレデリック・デュバル氏は電話会議で、モノプリとの提携は「90%食品に焦点を絞っている」と述べた。モノプリは日用品等の取扱比率も高いが、デュバル氏はモノプリを通じ他のサービスを追加する可能性について、また他の仏小売業者との合意を目指すかどうかについて、コメントを控えた。

原題:Amazon Gains French Beachhead in Deal With Casino’s Monoprix (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE