コンテンツにスキップする

ユーロ圏:3月の景況感指数、3カ月連続低下-成長鈍化兆候の中

  • 景況感指数は112.6と2月の114.2から低下
  • 域内5大経済大国の全てで低下し全体は6カ月ぶり低水準に

ユーロ圏では3月の景況感指数が3カ月連続の低下となった。域内経済がより緩やかな成長の時期に入りつつある兆候が見られる中で、景況感も弱まっている。

  欧州連合(EU)の欧州委員会が27日発表した3月のユーロ圏景況感指数は112.6と2月の114.2(改定値)を下回った。エコノミスト予想は113.3だった。

  景況感指数は域内5大経済大国の全てで低下し、全体の指数は6カ月ぶり低水準。昨年12月は17年ぶりの高さだった。

Peaked

原題:Euro-Area Economic Confidence Extends Slide Into Third Month(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE