コンテンツにスキップする

ドイツ銀の金利責任者ウィスニア氏、アイスラーに移籍へ-関係者

ドイツ銀行の金利・外国為替責任者サム・ウィスニア氏が退職し、エドワード・アイスラー氏率いる26億ドル(約2750億円)規模のマクロヘッジファンド、アイスラー・キャピタルに加わる。この人事について説明を受けた複数の関係者が匿名を条件に語った。

  ウィスニア氏は昨年、金利・外国為替責任者に昇格していた。ブルームバーグが閲覧したドイツ銀の内部メモによると、ケマル・アスカル氏が引き続きグローバル金利責任者、ジョナサン・ティンカー、ラッセル・ラスカラ両氏がグローバル外国為替共同責任者となり、いずれもラム・ナヤック氏の直属となる。

  ドイツ銀とアイスラーの担当者はコメントを控えた。ウィスニア氏は、コメントを求める電子メールに返答していない。

原題:Deutsche Bank’s Rates Head Wisnia Said to Join Eisler (Correct)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE