コンテンツにスキップする

米GEが09年以来の安値-ダウ平均上昇の中、構成銘柄で唯一の下げ

The company logo sits on an employee’s overalls as he secures a metal cable to a section of a subsea oil and gas tree, at the General Electric Co. (GE) plant in Montrose, U.K.

The company logo sits on an employee’s overalls as he secures a metal cable to a section of a subsea oil and gas tree, at the General Electric Co. (GE) plant in Montrose, U.K.

Photographer: Simon Dawson
The company logo sits on an employee’s overalls as he secures a metal cable to a section of a subsea oil and gas tree, at the General Electric Co. (GE) plant in Montrose, U.K.
Photographer: Simon Dawson

米ゼネラル・エレクトリック(GE)は26日、米国株式市場の主要指数が軒並み上げる中、下落。一時2.6%安まで下げ、終値ベースではほぼ9年ぶりの低水準となった。先週は8.7%下げていた。

  126年の歴史を持つGEはこの日、ダウ工業株30種平均の構成銘柄で唯一下落。株価低迷が続いていることから、GE株が構成銘柄から外され、代わりに米フェイスブックが採用される可能性を指摘するが高まっている。

  米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は25日遅く、GEに関する記事で金融部門GEキャピタルを巡るリスクを伝えた。GEは1月、保険事業での長引く問題から2017年10-12月(第4四半期)の62億ドル(現行レートで約6500億円)の費用計上を明らかにしている。

Tumbling Down

原題:GE, Struggling at Lowest Since 2009, Is Day’s Lone Bummer in Dow(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE