IMF専務理事:独仏にユーロ圏改革促すよう呼び掛け-英EU離脱で

  • 独仏がユーロ圏改革を決意し他国と実行すれば真の希望が生まれる
  • ブルームバーグテレビジョンのインタビューに答えた

国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は26日、英国の欧州連合(EU)離脱で欧州大陸における資本市場同盟の構築が一段と急がれるとして、さらなるユーロ圏統合を促すようドイツとフランスに呼び掛けた。

  同専務理事はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「独仏2カ国がユーロ圏の改革を決意し、オランダやイタリアなどの他の一部EU加盟国と共に実行すれば、前進するための真の希望が生まれるだろう」と述べた。

インタビューに答えるラガルドIMF専務理事

出所:ブルームバーグ

原題:IMF’s Lagarde Urges Euro Powers to Build Unified Capital Market(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE