コンテンツにスキップする

バークシャー支援のUSG、59億ドルでの買収案拒否-独クナウフ提示

米建材メーカーUSGは独クナウフが提示した59億ドル(約6200億円)相当の買収案を拒否した。USGは10年前の米住宅市場崩壊時に、資産家ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハサウェイに救済された。

  バークシャーが26日に規制当局に届け出た文書によると、USGの2位株主であるクナウフは15日、USGに対して1株当たり42ドルを支払うと提案した。USGの筆頭株主はバークシャー。

  クナウフが提示した買収額は、USG株の先週末終値を25%上回る水準。クナウフの届け出によれば、同社は昨年11月に1株当たり40.10ドルで買収案を提示したが、USGは拒否していた。

  トンプソン・リサーチ・グループの設立パートナー、キャスリン・トンプソン氏は顧客リポートで、クナウフからの提示額は今回の引き上げ後でも低過ぎると指摘した。

  USGの執行権のない会長を務めるスティーブン・リーア氏は、「ずる賢くタイミングを狙ったクナウフの提案はまったく不適切であり。将来見込む大きな機会を含め、USGの本質的な価値を反映していない」とのコメントを発表した。

原題:Berkshire-Backed USG Rejects $5.9 Billion Takeover by Knauf (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE