コンテンツにスキップする

17年のヘッジファンド、清算件数が運用開始上回る-リターン低迷で

  • 管理手数料は若干上昇、成功報酬手数料には依然として低下圧力
  • 清算件数は16年よりも25%少ない-HFR

2017年のヘッジファンドは低調なパフォーマンスの影響で閉鎖件数が運用開始を上回った。ただ、ヘッジファンド業界にとって全てが悪いニュースというわけでもない。

  ヘッジファンド・リサーチ(HFR)が23日発表したデータによると、735件のファンドが運用を開始する一方で合計784件が清算された。もっとも、同業界により多くの資産が集まったため、清算件数は16年よりも25%少なかった。

  17年第4四半期は2四半期連続で運用開始件数が清算を上回った。第4四半期に運用を開始したファンドは推定190件で、第3四半期の176件から増加した。

Fewer Liquidations

Global hedge fund closures reached the lowest level last year since 2011

Source: Hedge Fund Research Inc.

  清算件数は減ったものの、多くの著名運用者がファンドを清算した。ジョン・バーバンク氏率いるパスポート・キャピタルは昨年12月、損失を出したファンドの1つを閉鎖する計画を発表。断念した著名人の中にはブルー・リッジ・キャピタルのジョン・グリフィン氏やハッチン・ヒル・キャピタルのニール・クリス氏もいた。

  17年に運用を開始したファンドの管理手数料は平均1.34%と前年から若干上昇したものの、インセンティブ(成功報酬)手数料は平均16.97%に低下。16年開始のファンドから40ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)余り下がった。

  17年のヘッジファンドの平均リターン(資産加重ベース)はプラス6.7%で、S&P500種株価指数のパフォーマンスを大きく下回った。
     

原題:More Hedge Funds Closed Than Opened in ’17 as Returns Lagged (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE